夜尿症とはおねしょのことです。

小さいお子さんなら当たり前のことですが、小学校入学後も続く場合は心配される親御さんも多くなってきます。

近年のデータによると、時々おねしょをしてしまうお子さんは小学校低学年で約10%、高学年でも5%となっており、なかには成人後も続くケースもあります。

年齢が上がるにつれ本人の悩みは深刻となり、ストレスにもつながります。
夜尿症は「多尿型」と「膀胱型」の二つに大きく分けられます。

「多尿型」は夜間の容量が多い場合、「膀胱型」は膀胱が小さい場合です。

そしてまれにそのどちらにも当てはまらない身体的な異常や病気による場合もあります。

当院では問診や尿検査などから、夜尿症の診断を行います。

夜尿症の治療の基本は第一に生活習慣の改善です。

生活習慣の改善で効果が不十分な場合は、お薬による治療へと進みます。

お薬による治療の効果はすぐには現れませんので、学校の宿泊行事の参加などに不安を覚える場合は、早めの受診をおすすめします。